09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009.07/18(Sat)

産声 

人が命をつくる・・・単純な性行為によって授かる命がたくさんあります。でも僕等夫婦にはとっても命が授かるということは困難なことでした。でもそんなあきらめかけた時にカナカナの中に宿った命。
10ヶ月がたち、カナカナのお腹もいっぱいに膨らみ、毎日言葉をかけ、毎日お腹をさわり、大事にしてきました。
7月17日夜中3時半・・・破水をして僕はものすごいあせり、以外にカナカナは冷静に電話、入院BAGを用意して僕は市民病院に連れていきました。看護婦さんに通常は破水してから48時間以内に分娩することになりますと言われました。俺・・・お父さんになるんだぁ~。そんな瞬間が迫っていました。
僕が見たときのカナカナはまだ陣痛が来る前のカナカナなので本当に大変なときの顔も知りません。
両親の話ではかなり苦痛だったらしく、しゃべることもしんどそうだったみたいです。僕は血が苦手です、病院でも採血で4回も気を失っています。どうしても迷惑をかけてはいけないので分娩室の外からカナカナの声を聞いていました。看護婦さんが「いい調子がんばって~」声が響く、もうすぐ・・・・
「おぎゃ~~~~」となんと言う声だろう、どれだけ待ち焦がれただろう初産声を聞いたとき心の底から感動がありました。無事に声を出してくれた、俺に新しい家族ができた。体中を真っ赤にして物凄い勢いで泣いていました、嬉しかったぁ~~本当に嬉しかった~~、こんなに元気に生きてるよ、僕は産まれたよ!!と僕とカナカナにアピールしてるみたいでした。嬉しくてまた少し涙がこぼれてしまった、歳をとると涙腺が弱くなるといいますがこの頃はゆるみぱっなしです。
僕達の子供は7月17日12時11分産まれました。初めての対面は全ての処理が終わってからで大変待ち遠しかったです。僕の手の中に入ったときは本当に幸せでおとなしく泣きやんでくれました。
「初めまして・・・」といいました。お腹の中で声が分かってくれてるのか僕の声を探してくれているのが無性に嬉しかったです。
カナカナには今回は本当にありがとう!僕が側に居なくてもがんばってくれました。心から感謝しています。早く元気になってね。これからは家族3人でたくさんの思い出作りしていこう。
まだ子供の名前は決まっていませんがこれが僕とカナカナの子供です。
みなさんよろしくお願いします。
baby1.jpg

スポンサーサイト
【編集】 |  18:41 |  独り言  | Top↑
 | BLOGTOP |