08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012.02/14(Tue)

小女子パターンのジギングについて考える 

今回は珍しくフックの話でもしましょうかね。
みなさん魚種によってフックは変えていると思います。
小女子パターンのスレが大変多い時でも考えているでしょうか?
時代を感じさせず・・・レジェンド【伝説】と言われるフック。
IMGP1980.jpg
オーナー 金サーモン19号
サーモン主にもともと設計されたフック、極少バイト、極少スレにも逃がしません。
特にこの時期シーバスジギングや真鯛などには最適です。
サーモンフックとあって不意のビックサイズにも対応します。
軽量かつ強靭&ヒネリ・・・。
試してください。

ポイントオリジナル金サーモン段差フック



そしてもうひとつレジェンドフックは真鯛用段差フック。
IMGP1978.jpg
上下のフックバランスによって上アゴと真鯛のカンヌキに貫きます。
みなさん今まで真鯛の上アゴ貫通したフックありますか?素朴な質問です。
横のカンヌキは貫きます。しかしジギングで貫くことあるでしょうか?
オーナー SJ38 2/0
2年かかりました。真鯛の上アゴの貫通するフックに会えるまで。
それまではパイクを使っていましたがキャッチ打率5割。でも今は9割。
個人によってキャッチ率は違うと思いますが・・。
フックを交換してここまでキャッチ率&フッキング率を上げることが出来る。
すばらしいフックだと思います。
新しいフックもいろいろ出ています。新しい物もそれもまたよし・・・
でも振り返って迷った時は原点に戻ることもいいでしょう。
何故ならフックの形は古来より形を変えません。
戻ることも釣果につながることもあります。
みなさんレジェンドと言われたフック参考にしてみてください。

ポイントオリジナル真鯛用段差アシスト

久々真面目な話を書きました。
読んで頂きありがとうございました。
スポンサーサイト
【編集】 |  18:42 |  釣り  | Top↑
 | BLOGTOP |